見出し画像

ウェビナーをGlossom初!開催して好評だったポイントと工夫点

2020/9/17(木)、ついに【iOS14】の配信が始まりましたね。
実は、その前日にあたる9/16(水)に、「アプリパブリッシャー様がiOS14アップデートに向けて対応しておくべきこと」と題して、Glossom初のウェビナーを開催しました。

今回のnoteでは、Glossom初のウェビナー開催について振り返ると共に、次のウェビナー開催が決定しましたので、ご案内もさせていただきます^^

工夫点なども書いているので、ウェビナーやってみようかなーどうしようかなーって方にも、参考にしていただければと思います!

そもそもなんでウェビナーしようと思ったのか?


iOS14のアップデートとその変更点が発表されてから、バタバタしましたよね。広告業界に身を置く法人さま、個人さま、そしてメディアの方々は今後を憂いながらも、対応方針の策定に奔走されたのではないでしょうか。

弊社も、広告主さま・メディア/媒体様どちらにも影響があることなので、情報収集に駆け回り社内で検討に検討を重ねました。

見解が固まってきたので、皆さまにぜひお伝えできないかと考えた際、このご時世もありウェビナーという方法を選択させていただきました。

・場所の制限がなく開催できる
・1対多・多対多のやりとりが可能
・参加側も開催側も負担が少ない(参加ハードル・移動など)

上記ウェビナーのメリットが、そのままウェビナーという手段を選んだ理由です。

今回開催したウェビナーはこちらの内容でした。
-----
■実施日時
9月16日(水) 14:00〜15:00
■概要
・アプリパブリッシャー様のiOS14対応/対策について
・アドフリくんSDKのリリーススケジュールについて
・IDFAの影響が少ないマネタイズのご案内について
■対象者
・スマホアプリのディベロッパー(企業・個人問わず)
・スマホアプリのマネタイズご担当者
・iOS14が広告マネタイズに及ぼす影響を知りたい方
・アプリ側で対応をすべき内容を知りたい方
■タイムテーブル
14:00 - 14:10 ご挨拶・会社説明
14:10 - 14:30 iOS14の対応/対策について、アドフリくんSDKのリリーススケジュール
14:30 - 14:40 GREE Ads Rewardのご案内
14:40 - 14:50 質疑応答
14:50 - 15:00 閉会

ウェビナーの反響は?


ウェビナー後にアンケートに回答いただいたのですが、なんと満足度100%を得ることができました!


自由コメント欄で特に多くいただいた内容は「具体性があった」「まとまっていて分かりやすかった」というもので、まさに担当者がこだわった部分...!!
参加いただいた方々にとって、少しでも有益な時間となっていればこれ幸いです。初回を終えてやっとホッと胸をなでおろした瞬間でした。

担当者がこだわったポイントは下記です。
=====
● いかに大事な対応だと認識していただき、対応に力を注いでいただけるように促せるか
● そのために、いかにわかりやすくまとめ、わかりやすく伝えるか
● そして、いかに実用的な内容をお伝えするか
=====

情報が各所で出回りバラバラと散らばっていたものも多かった中、お伝えするタイミングが少し遅れた分、まとまり・全体感をお伝えすることに特にこだわりました

また、今回のウェビナーの聞き手は、アプリパブリッシャー様だったのですが、聞き手の目線でみてわかりやすく、その上で提案する内容もパブリッシャー様に寄り添った内容になっているかなども考えて作成しています。

iOS14アップデートに向けて対応しておくべきことをきっちり伝えると同時に、どう対応したらいいのか?を具体例を用いてパターンをお伝えすることで、お持ちのメディアに合ったより具体的な方法をイメージし実現していただきやすくなったのではないかと思います。

ウェビナーで難しかったポイントとその対策は?


これまでオフラインでのイベントは開催実績があったものの、オンラインでは初の開催でした。勝手が違うので、一から構成し直す必要があります。オフライン・オンラインどちらか一方が優れているというわけではなく、どちらかに足し引きするものでもない、もはや別物かなと思います。


これまで、他社さんが開催されるウェビナーに数多く参加させていただく中で、これは素敵!と思えるポイントをいいとこ取りさせていただき、私たちならではのウェビナーを構成していきました。

細かい点をあげればきりがないので少しだけお伝えすると、下記です。

● 開催時間を短く
オフラインのイベントとは違って物理的な移動を必要としない分、参加ハードルが下がりますが、オンラインイベントに集中し続けるのは中々難しいという体感があります。さくっと参加できる1時間枠で開催することにし、オンラインでも意識を集中して聞いていただける内容にしようということで設計をしていきました。(もちろん、参加者さんは”ながら”で聞くのも自由ですし、開催側は間に休憩を入れて複数部構成という手もあります!)

● 内容を有益に・具体的に凝縮する
オフラインは五感を使う事ができますが、オンラインは視覚と聴覚のみの勝負です。だからなのかはわかりませんが、オフラインより集中力途切れやすいと思うのは私だけでしょうか?
例えば、オフィスで働く際に途中で話しかけられない分、リモートワークの方が集中できる!という声はあるかと思うのですが、リアルなイベント会場で話を聞くのとオンライン視聴ツールを使って話を聞くのとは集中の度合いが違うと思うのです。「わかってるよその話」「長いアイスブレイク」みたいなものは、より一層集中力を下げ、さらには満足度を下げることに繋がっているなと感じます。
そのことから、中身の充実度(情報量)はこだわりました。事後アンケートの回答いただいた内容から、実際に満足いただいた理由になっているかなと思います。

●インタラクティブなものを用意
zoomミーティングは双方のカメラ・マイクをオンにできますが、ウェビナーでは参加者側のカメラがオフです。お顔を拝見することができないため、表情を含めた反応を見て取ることができません。主催者・登壇者側から見えないだけでなく、参加者さま同士も見えないのです。
その分、気軽に参加することはできますが、孤独感が拭えません。一方的に話して見聞きしていただくのなら、参加者さんも時間と場所を選ばずに自由に見られるyoutube配信でもはやいいと思うのですよね。しかし、我々は情報を一方的にお伝えするだけでなく、「双方のコミュニケーションや、より深い課題解決のための信頼関係を構築したい」と考えているため、皆さんの参加感があり、いかに生きている内容にするかを考えました。
チャット・Q&A・ウェビナー中のアンケート」この3つの機能を駆使して、皆さんの反応を伺いながらインタラクティブ且つ生きたウェビナーを開催しています。


今後のウェビナーの予定は?


日々iOS14関連情報のアップデートがある中で、必要な対応は変わってきています。ということで、まずは、2020/9/17(木)開催したアドフリジュクウェビナーのアップデート版として、10/13(火)に下記を開催いたします!

【アドフリジュク】
アプリパブリッシャー様向け iOS14対策<マネタイズ編>

画像1

前回と違う点もあり、9/17にご参加いただいた方にとって新しい情報もあるかと思います。

●ゲストあり!
すでにATT対策をとったアプリをApp Storeにて申請し、リジェクトを経験されているパブリッシャー様がゲストで参加してくださいます。質問を受け付けながら進めるため、生の声を伺うことができます

●懇親会あり!
今回、ウェビナーの後に、オンライン懇親会を予定しています(任意参加)。まだまだ大勢でのリアルな集まりが難しく、業界内の情報交換の場は限られています。今回のオンライン懇親会が交流のいいきっかけになればと思います! 

詳しくは上記ページをご確認ください^^

その後、10月・11月もウェビナー開催を予定しております。
情報はTwitterで発信していくので、フォローいただけると嬉しいです^^
https://twitter.com/glossom


最後までお読みいただきありがとうございます!
Glossomのnote担当森山よりお送りしました。
実はウェビナーも担当しています。ウェビナーでお会いできることを楽しみにしております!


Twitterでも繋がりたいです!

良ければシェアもお願いします♡
1
グロッサムは、クライアント企業のデジタルトランスフォーメーションを支援し、産業発展に貢献します。 アドテクノロジー、マーケティングテクノロジーに加え、クリエイティブ、エージェンシー機能とデジタルマーケティングに関わるケイパビリティを網羅的に備え、高い付加価値の創出に尽力します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。