見出し画像

メディア営業歴7年目のベテランが語るメディアマネタイズウェビナーをランチタイムに開催!

メディアを運営している方々向けにメディアマネタイズに関するランチウェビナー(全5回)を開催いたします!

特に、こんな方々に読んでいただきたいです!
・webメディアでマネタイズを強化して長期運営をしたい方
・webメディアのマネタイズ方法を知って事業にしたい方

出版社の方やタイアップ記事広告に興味がある方にとって、特に有益な情報になると考えています。

全5回のウェビナーでメディアの方々に知っていただきたいこと

今回は下記テーマで全5回の開催を予定しています。

★★★参加受付中★★★
[vol.1] メディアマニアに聴く!メディアマネタイズの最前線

最新メディア事情と、昨今の新規・有名メディアの注力マネタイズ手法をご紹介します!

・開催日時:2020/11/25(水) 12:05-12:45
・開催方法:zoomにて ※無料
 お申し込みはこちらから
★★★予告★★★
[vol.2] 今始めるべきタイアップ記事広告とその理由 ※仮
   早くから始めておくべきタイアップ記事広告を理由と共に紹介します!
   ※2020年12月中旬開催予定、参加応募ページ準備中

[vol.3] 人気メディアが必ず用意している「媒体資料」のススメ ※仮

   媒体資料が必要な理由からどうやって作るのかまで詳しくご紹介します!
   ※2021年1月中旬開催予定、参加応募ページ準備中

[vol.4] タイアップ記事広告を効率的に売る方法 ※仮

   タイアップ広告の売り方にはコツがあります。特別にお教えします!
   ※2021年2月中旬開催予定、参加応募ページ準備中

[vol.5] 人気メディアに聴く!マネタイズのポイント ※仮

   実際の企業様をお呼びしてマネタイズのポイントをお伺いします!
   ※2021年3月中旬開催予定、参加応募ページ準備中


各回、開催日時が決定次第こちらのnoteページの更新と、Glossom公式Twitterよりお知らせします!
各回1日程でお昼時間での開催を予定していますが、別日程で参加ご希望がございましたら、ぜひGlossom公式Twitterもしくはお問い合わせページよりご連絡ください!

メディア営業歴7年目ウェビナー登壇者の想い

ランチタイムウェビナーでお話しさせていただくのは弊社の田中です。
日本には田中さんがおよそ1,330,000人いらっしゃるそうなので、「たなさん」とお呼びいただければと思います。

たなさんはメディア営業歴7年目を迎えるベテランです。
メディアに詳しくなったきっかけは、営業するにあたって徹底的にそのメディアと競合メディアを調べたことの繰り返しによるものですが、今や誰よりもメディアを愛し、プライベートでもメディアを読み漁り、Glossom社内で一番メディアについて詳しいといっても過言ではありません
メディアが好きすぎてTwitter名もこうなりました。直球すぎます!笑
https://twitter.com/medialoveman

メディア好きリーマンさん___medialoveman____Twitter

メディアが好きだから、長く運営してほしい。
昨今では閉鎖されるメディアも少なくありません。それは、メディアを作るにはお金と時間が必要で、その分費用の捻出が必要だからです。

「XXXを知ってほしい」「XXXを届けたい」そんな想いからメディアは立ち上がりますが、想いだけでは続けていくことは難しいです。しかし、考え抜いたコンセプトを維持しながらもマネタイズもできる(自走して稼げる)メディアになれば、存続していくことが出来ます。

ぜひ、このGlossomのランチウェビナーを通してメディアのマネタイズについて知っていただき、皆さんのメディアの色(=差別化ポイント)を一緒に整理しながら、必要な対策を取っていければと思います。

ランチタイムを一緒に過ごしませんか?

今回ウェビナーの時間帯をランチタイムに設定した理由は、ラフに聞いていただきたいと思ったためです。

一度にお伝えする内容を詰め込みすぎても、聞き手の頭に残るのはせいぜい1つか2つです。しっかり内容をお伝えするには、何回かに分けてお話しした方がいい。そのために、参加障壁が低く、気楽に楽しめるコンテンツにしようと考えました

DJをしていた”たなさん”が登壇ということもあり、ご飯でも食べながらラジオのように楽しんで聴いていただけたらと思います!

画像2

https://twitter.com/midory_mk

Twitterでも繋がりたいです!

嬉しい!良いことありそうです!
2
クライアント企業のデジタルトランスフォーメーションを支援し、産業発展に貢献します。 アドテクノロジー、マーケティングテクノロジーに加え、クリエイティブ、エージェンシー機能とデジタルマーケティングに関わるケイパビリティを網羅的に備え、高い付加価値の創出に尽力します。